障害年金の手引

後悔しない申請と受給のために

はじめに

障害年金の手続きは非常に複雑で分かりづらい上に、思いもかけない落とし穴がいくつもあり、申請には細心の注意が必要です

また、役所の審査はずさん基本的な誤り不当な決定が横行しているにもかかわらず、この現状はほとんど知られていません。このため、気づかぬまま泣き寝入りさせられている例が数多くあります。さらに市区町村年金事務所の回答には間違いも結構多いのですが、その言葉を信じて申請をあきらめてしまう方が大勢おられます。

当サイトは、これから障害年金の申請を考えている方や、以前の手続きがうまくいかなかった方を対象に、まず、この分かりにくい障害年金制度の概要と、その審査を行う役所の実態を知ったうえで、申請前に十分な準備と対策をして手続きに臨んでいただくことを目的として、藤原年金研究所が1998年から運営しています。

一般的な解説に加え、無料の相談コーナーを設けていますので、あまり難しく考えず気軽にお問い合せください。ほんのちょっとした点に注意するだけで、審査の結果は大きく違ってきます。できれば役所に相談に行く前に、さらには診断書の作成前に、お問い合わせいただき、正確な情報(具体的には納付要件や認定基準そして特に"社会保険における初診日")を確認していただくのが一番です。「こちらに最初にご相談下さっていれば、なんとかすることができたのに…」と歯がゆい思いをするケースが多々あるものですから。

無料相談コーナー

どなたでも無料で相談できます

障害年金について、お困りの事やご不明な点があれば、お問い合せください。遠方にお住まいの方や外出の難しい方、さまざまな難病の方他の社労士に依頼してうまくいかなかった方、その他複雑な状況の方からのご相談も多数いただいていますので、遠慮なさらずにご利用ください。ちょっとしたアドバイスを受けるだけでも結果に大きな違いが出ることがあります。

特に見落とされがちなのですが、どのような種類の障害でも"社会保険における初診日"は障害の程度や保険料納付要件と同じかそれ以上に重要かつ非常に慎重を要します。(ですので一応聞いてみる程度の軽い気持ちで結構ですので、年金事務所に相談するより前に、この点だけでも是非確認のお問い合わせをください。)

例えば、網膜症など視覚障害の方、人工透析など腎臓疾患の方のように、認定基準で障害の程度はクリアしていても、既往症(例えば糖尿病)との相当因果関係があるとされて"社会保険における初診日"が問題となるケースがよくあります。そしてこの既往症の問題に限らず、社会保険への加入時期との関係や、初診証明の可否など、"社会保険における初診日"については、あらゆる種類の障害で慎重な対応が必要となります。

あきらめず相談してみてください

現在の等級に疑問をお持ちの方はもちろんのこと、そうでない方も今もらっている年金額が妥当であるのか一度お問い合わせ下さい。例えば人工関節や脳血管など肢体の障害ペースメーカーや人工弁など心臓疾患、その他さまざまな種類の障害で額改定請求(等級を上げる申請)できるケースがあります。

同様に、過去に障害が軽くなり現在支給が停止になったままの方も、当然障害の状態は常に変化しますし、そうでなくても診断書などの情報を丁寧に精査することで、停止解除、さらには停止解除の遡求請求ができるケースが結構ありますので、相談してみてください。

また、過去に申請してうまくいかなかった方や、役所の窓口で難しいと言われ申請をあきらめてしまった方、その他漠然と受給は難しいであろうとお考えの方も、これまでにも、役所の判断をひっくり返したり、困難な事例でも受給できるようになった例が多数ありますので、あきらめずにご相談ください。

いろいろな方法で相談できます

お問合せの際には、分かる範囲でかまいませんので、傷病名やその状態、初診日、加入していた社会保険、生年月日などをお知らせいただくとスムーズにご相談いただけます。

無料相談フォームからご相談いただければ、情報をもれなく簡単に入力できるのでおすすめです。もちろん、通常のEメール info@shougainenkin.com からも無料でご相談いただけます。おおむね1〜3営業日以内にお答えするように心がけていますが、1週間たって回答が来ない場合は、相談が届いていない、またはメールの見落とし等の可能性もありますので、電話でお問い合わせください。

状況が複雑で文章で説明するのが難しい、どう相談していいか分からない、パソコンなどの入力が難しい、あるいは期限がせまっているなどの場合は、045-260-6255 に直接電話で問い合わせてください。こちらももちろん無料で相談できますが、不在であったり、面談中などの事情で、その場ですぐに対応できない場合があることもご理解ください。

来所して対面で相談したい方には事務所専用スペースでの面談もご用意しています。こちらは予約制となりますので、まずは電話でお問い合わせください。また、申請手続きの依頼を検討されている方はこちらもご覧ください。

よくお寄せいただく相談例

下記はほんの一例です。(相談後にこちらから勧誘するようなことは一切ありませんので、安心してご利用ください。実際、相談のみで終わる方が大半です。

  • 障害年金を受給できるかどうか、またその場合に受取れる年金額を知りたい。
  • 自分で手続きしてみようと考えているが、分からない点、自信がない部分がある。
  • 時間経過や病院の廃業などで初診日等の証明が難しい。
  • 遡及請求が可能かどうかを知りたい。
  • 現在認定されている等級に不満または疑問がある。
  • 更新の際に等級が下がってしまった、または年金が停止になってしまった。
  • 更新の診断書(障害状態確認届)が送られてきたが手続きに不安がある。
  • 他の社労士に手続きを断られた、または依頼したがうまくいかなかった。
  • 年金事務所で相談したら、申請できないと言われたが、本当に無理なのか。

障害年金制度の概要

障害年金制度の実態

障害年金関連リンク・資料