05■受給要件の特例措置について

 02・03・04で言及された平成28年4月1日前に初診日のある障害の特例要件について詳しく教えてください。


 3分の2以上の納付要件を満たさなくても、初診日の前日において初診日の属する月の前々月までの1年間のうちに保険料の未納期間がない場合にも障害給付が支給される要件については、初診日が平成28年4月1日前にあるすべての障害が当てはまるものではありません。

 初診日が、平成28年4月1日前にあっても、昭和59年10月1日から平成3年4月30日の間にある場合は「初診日の属する月の前々月」が「初診日の属する月前における直近の基準月の前月」となります。

 また基準月とは、1月、4月、7月、10月を意味します。

F研マーク > 障害年金の手引 > 事後重症の障害基礎年金 > 戻る