03■胎児出生による改定

 このたび2級の障害基礎年金の裁定通知書が届きましたが6カ月後に子どもが生まれる予定です。この場合、年金額は変わるのでしょうか。


 障害基礎年金に加算額が支給されるかどうかは、原則として障害基礎年金の受給権を取得した当時の状況によって決定されます。

 ただし例外として、障害基礎年金の受給権を取得した当時に胎児であった子がその後出生した時は、その子は、受給権者が障害基礎年金の受給権を取得した当時、受給権者によって生計を維持されていた子とみなされます。

 したがって、この場合のように障害基礎年金が受けられるようになった当時胎児であった子が出生した時は、その翌月から子の加算額が加わった障害基礎年金の額に改定されます。

F研マーク > 障害年金の手引 > 胎児出生による改定 > 戻る