07■S61/4/1以後の厚生年金保険期間中の初診

 高校の時から右足に痛みがありましたが、病院には行っていませんでした。

 平成4年に高校を卒業し会社に就職しましたが、その年に痛みが激しくなったので病院へ行ったところ、大腿骨頭壊死で右足を切断することになりました。

 厚生年金に加入する前の発病ですが、障害年金は受けられるでしょうか。


 昭和61年4月1日以降では、厚生年金保険の障害給付の対象となる傷病は厚生年金保険の被保険者期間中にその初診日があるものでなければなりません。

 おたずねのケースでは、右足大腿骨頭壊死は昭和61年4月1日以降の厚生年金保険の被保険者であった間に初診日がありますので、厚生年金保険の障害給付の資格要件は満たしています。

F研マーク > 障害年金の手引 > S61/4/1以後の厚生年金保険期間中の初診 > 戻る