11■障害基礎年金の併給調整

 障害厚生年金や障害手当金の額の計算の基礎となる被保険者期間は、どこまでの期間が対象となるのでしょうか。


 障害厚生年金や障害手当金の額の計算の基礎となる被保険者期間は障害認定日の属する月までの被保険者期間です。

 すなわち障害認定日の属する月の翌月以後の被保険者期間は額の計算に算入されません。

 また被保険者期間の月数が300月(25年)に満たない場合は300月として計算されます。

 なお旧法(昭和61年3月31日までの障害)の場合は、被保険者期間の月数が240月(20年)に満たない場合は240月として計算されます。

F研マーク > 障害年金の手引 > 障害基礎年金の併給調整 > 戻る