13■傷病手当金(健康保険)との調整

 初診日から1年6カ月を経過した現在、障害等級表にある障害の状態に該当しているようなので、障害厚生年金が請求できそうです。

 この場合、傷病手当金の支給期間が残っていると、傷病手当金と障害厚生年金の両方が受けられるのでしょうか。


 厚生年金保険から障害厚生年金が実際に受けられる場合、健康保険の傷病手当金は支給期間が残っていても、不支給となります。

 ただし障害厚生年金の額(同時に1級または2級の障害基礎年金も受けられる場合は合算した額)を360で除して得た額が、傷病手当金の日額に満たない時は、 その差額が併給されます。

 また厚生年金保険から障害手当金が受けられる場合は、障害手当金の支給を受けた日以後、健康保険の傷病手当金の支給を引き続き受けると仮定した場合の合計額が障害手当金の額に達する日までの間、傷病手当金は支給されません。

F研マーク > 障害年金の手引 > 傷病手当金(健康保険)との調整 > 戻る