05■障害年金受給と第3号被保険者

 現在、専業主婦で、この度、障害年金を申請する予定ですが、仮に障害年金が受給できたとして、このまま夫の扶養であり続けることが可能でしょうか。 


 夫の健康保険の被扶養者として、第3号被保険者になれるのは、原則として年収が130万円以下の配偶者ですが、この年収には障害年金も含まれます。

 ただし配偶者が障害者の場合の年収については、180万円以下となっていますので、障害年金を受給しても180万円以下であれば、第3号被保険者を維持することが可能です。

F研マーク > 障害年金の手引 > 障害年金受給と第3号被保険者 > 戻る