06■本土復帰前の沖縄在住者

 障害年金の受給要件に、「被保険者期間中に初診日があること」という条件がありますが、沖縄に住んでいて本土復帰前に初診日がある場合はどうなるのでしょうか。


 沖縄で厚生年金保険、及び国民年金か制定されたのは昭和45年のことです。それ以前には公的年金がありませんでした。そして本土復帰は昭和47年ですから昭和47年以前に初診日のある場合は、本土の障害年金の受給要件である加入要件を満たしていないことになります。

 そこで、現行法では加入要件を満たすことかできない昭和47年以前に初診日があるケースを救済するために、昭和47年以前の沖縄在住期間を保険料の免除期間とみなすことにしています。

したがって

 「本土復帰以前の沖縄在住中に初診日がある場合も障害年金の対象になる」

というのが結論です。

F研マーク > 障害年金の手引 > 本土復帰前の沖縄在住者 > 戻る