08■舛添厚生労働大臣へ抗議

 審査官は、中立・公正という一般の職業よりも高い倫理性を求められる地位にあり、国民からは「裁判官」に準じた見方をされているため、社会に与える影響から判断すれば、職務上、嫌疑を受た事実だけでも、その真偽を問わず、当該職務失格のはずです。

 それほどに審査官の職務は神聖なものであるはずです。

 しかるに、かつて「刑事告発」され、更迭を求められた者がその後も審査官の座に居すわり続け、以前に刑事告発した告発者の審査を再び担当するという「国民を愚弄する」ことが起きています。


F研マーク > 障害年金の手引 > 舛添厚生労働大臣へ抗議A > 戻る